美容室専売品VS美容室専売品


「美容室で売られている物と、ドラッグストアーとかで売ってるモノって何かちがうの?」
と、ご質問頂きました。

商品だと、乾かす前やコテ、アイロンで巻く前につけて、熱から守ったり、熱によってトリートメント効果のあるミストやクリーム、オイル等。

またはワックスやスプレー、ジェル等のスタイリング剤やそれらを落とすシャンプー。
そして、洗った後に髪の引っ掛かりを防ぎ扱いやすくするトリートメント。

これらは何が違うのか?
僕自身、今まで耳にしたのは、テレビでCMをしている商品はドラッグストアー等にも売っていますが、それらと比べると美容室専売品は界面活性剤の種類や量、はたまた髪に何かしら働きかける成分の濃度、またはバランスが異なる…と、聞いた事があります。


また、宣伝(CM)にコストをかけるのか?はたまた製品にコストをかけるのか??の違いとかも聞いたことがあります。

が、もしかしたら、それは美容師(室)に営業をする材料屋さんの謳い文句かもしれません。
まぁ、使って良ければ良いと思いますし、髪の基礎化粧品としてのシャンプー&トリートメントに関しては、使い続けられれば尚更良いと思います。


アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)やスタイリング剤に関しては、その時の髪の状態やヘアースタイルに必要なモノをお使い頂き、様々なスタイリングをお楽しみいただければと思います。



界面活性剤が違う。
検索サイト等ではとても悪いとされている界面活性剤物もありますが、問題はその濃度と他の成分とのバランスかと思います。

ただ、悪いモノとされている物が入っているから使わないと言うのでは無く、マウスでの実験等も過去にあったような気がしましたが、一日中シャンプーで泡だてたまま生活されることは無いと思いますし、ご自身でシャンプーをする場合、長くても3分程度ですすぐと思います。

そうそう余談ですけど、シャンプーって、天然成分が1つでもちょっと入っていれば、それを「天然〇〇エキス配合により××の効果が〇〇します♪」などと宣伝出来ますし、

昔聞いた話だと無添加や天然の記載に関わる取りきめがなかったような記憶もあります(今はどうか分かりません)。

肌のかゆみやフケは、界面活性剤が原因と思われがちですが、確かにそれもあるでしょうが、髪に何かしらの影響を与えるトリートメント的成分や防腐の種類によっても起こります。

そして、商品の違いの質問をされたのと同じ方に「ここのシャンプーは泡がキメ細かい感じなのね〜」とも言われました。
僕よりもそのお客様は先輩で、沢山の美容室に行ってらっしゃるお客様は、お客様のプロなんですよね。
僕は、勤めていた頃はそこのお店の物しか使えません。(時折、仕入れてお客様にお譲りしてましたが。)

ちょっと書いておきますと、ラックがカラー後、または縮毛矯正やデジタルパーマなどの時に使っているシャンプーは、水と界面活性剤と香料で出来ています。

髪に何かしら良さそうな成分は、何も入っておりません。

強いて言えば、界面活性剤にはこだわっております。
そうしたトリートメント的な物が一切なくとも仕上がりは、◯です。


美容室専売品、ネットで買える時代

話しはそれましたが、美容室専売品と言っても、Ama〇o〇や楽〇で売られてたりしますT_T
しかも、ちょっと安かったり、シャンプーとトリートメントセットだと2000円〜3000円安かったりします。。。

その辺りの出処をメーカーとしても管理すべく、ロッド番号が記載されたり、削っても剥がしても消えないロッド番号があったり様々です。
出処が判明し、その販売店へ通告し、販売停止したとしても、きっとまた違う店舗や店舗名を変え、販売されるんでしょうね…T_T

まさに、イタチごっこ(笑)



商品鮮度はいかがなものか??



メーカー

ディーラー

サロン

こうした流れがあり、運搬される商品は、フレッシュな物になります。

また、モノによっては、ディーラーに在庫を置く事無く、全てメーカーで管理している事もあります。

どんなものかと言うと、

美容室がディーラーに発注

ディーラーがメーカーに発注

メーカーがディーラーに商品発送

ディーラーが美容室に納品


こうなってくると、どのくらいの商品がどの程度流通しているのか?がメーカーも管理出来やすくなりますね。

また、仮にディーラーがネットに流していたとしたら、厳しいペナルティが与えられる事でしょう。

悪だくみをすると、そう言った商品を個人で販売していたりする事もあるのではなかろうかとも思えてきます。


商品の消費期限

スーパーの御惣菜やお弁当、またはお刺身やお寿司、

お肉やお魚全て賞味期限と言うのがあります。

それと同じく、商品にも消費期限があります。

防腐ですね。

一般的には未開封であれば2年、開封後はそれよりも期限は短くなると思います。


ネットで購入した物が正規ルートで無く、仮に製造されたのが1年半前のものとして、

封を空け、使い始めてしばらくしたら異臭が・・・とか、そんなお話は聞いたりしませんが、しかし、商品の鮮度は、お魚と同じく新鮮な方が効果もあり、安心して使えますよね。


出処はあってもそれを明かせないとしたら?

その商品が製造されてからしばらくたっていたとしたら?

消費期限はどうなんでしょうか?


また、

専売品としてメーカーからの提示価格を大幅に下げられると言う事は、

仕入れ値が安い事になります。

単純に薄利多売であれば商品のルートが曖昧でなければ良いのでしょうが、

もし何かしらの理由がある商品なのかもしれません。

あくまでも個人の妄想ですけどね^ ^



商品選び
商品には、それが持つ商品力(機能)があります。
ドラッグストアーなどで購入する場合、可愛いポップや映像などの情報から、その機能はどんなもので、それをどう使えば発揮出来るのか?を知ったり、または、商品を手に取り、パッケージの裏に書かれている事をベースに皆さんも商品を選ばれるかと思います。
Am〇〇や楽〇等で購入される場合は、商品説明を見て購入。
または、気になる商品をネットで検索し、購入。
またはのまたは(笑)、ネットで検索しネットで購入…等。


美容師から買う
では、美容室で商品を購入する時、何を基準に購入するのか?
それは、美容師が商品を紹介してくれたからではないでしょうか。

そして、その美容師さんを信頼できたからではないでしょうか?

または、「最後につけたのは、何ですか?」と聞き、「◯◯です。」などの会話から、
もしくは、香りが気になった、欲しいとかんじたから、などなど。
美容師から商品を購入された場合、アフターフォローが的確です。
その、商品を販売し、使用して頂いておりますから、責任がありますからね。
物売りになれば、売れれば良いだけで、商品がお客様の手元に届けば、その繋がりは終わりますが、美容師がお譲りした商品は、使用感などを次回ご来店時におっしゃって頂くと、お客様の好みも明確になり、スタイルキープの近道になります。

ちなみに、ラックでは商品のごり押し!?は致しません。
使用している物の紹介は必要に応じて、しています。
キャンペーンは今まで一度もしておりませんが、今後はお客様に還元を目的に考えております。

そんなこんなで、久々に話がぐちゃぐちゃになりましたが、お許し下さいね♪


0コメント

  • 1000 / 1000