髪のダメージVS見た目の艶

こんにちは。
今回は、
髪のダメージ(傷み)と、見た目の艶は〇〇しない♪を、お送りしたいと思います。



〇〇しない♪の〇〇は何?
〇〇=比例

髪の艶と言うのは、ある程度傷んでいても、出す事が出来ます。
普段の生活で何方かの髪を見るとき、髪の表面を見て、
「あの人は、艶があって綺麗だな〜♪」な〜んて思う訳です。
逆に艶が無く、バサバサのボソボソだと、それだけでも年齢が上に見られたり…T_T
では、どうやったら艶が出るのでしょうか?
少し書いていきますが、何やら長くなりそうな気配ですww

①シャンプーの仕方を基本通りにする
シャワーでしっかり予洗する
シャンプーを手に取り、頭皮では無く髪の毛につけながら、過剰に擦らず泡立てる。
泡立ちが不十分なら、シャワーですすぐ。
もう一度シャンプーを手に取り、
髪の毛につけながら優しく泡立て、
その泡を頭皮に運びマッサージをする。
この時のマッサージは、強く擦らず
揉み洗いが良い。
毛先の泡立ちを確認し
髪を優しく揉み洗い後しっかりとすすぐ。
*トリートメントの効果が薄れた感じがしてきたら、シャンプーした後に3〜5分程度置いてから良くすすぐとトリートメントの効果が出やすくなります。
髪の水気を優しく絞り、
トリートメントを髪の毛先から中間つける。
目の粗い櫛で全体をムラなく梳かし、
時間がおけるならおく。
洗面器にお湯をためそのお湯を手ですくい、
髪の毛全体を馴染ませ、
もう一度櫛で綺麗にとかす。
櫛で整えた形をあまり崩さぬ様にすすぐ
*お風呂に入る際、髪がお湯に浸かるとトリートメントも流れてしまいます。ピンなどで湯船に浸からない様にしましょう。

シャンプーだけで、こんなに長くなるとは(-。-;
しかし、シャンプーの仕方、トリートメントの仕方を変えると、新しいシャンプーとかトリートメントに変えなくても、んっ!?てなるかもしれませんよ。

②アウトバストリートメントメントを使う
洗い流さないタイプのトリートメント、オイルやクリーム、ミルクやジェル、ミストなどの事。

髪をよくタオルで拭く。
髪の毛先から中間につけ、
櫛で丁寧に馴染ませる。
ドライヤーで乾かす
*完全に髪が乾ききる前に
パサつきがまだ目立つようなら、
最初につけた1/2〜1/3程度の量を
もう一度馴染ませ、さらに乾かす。

③ドライヤーで艶を出す
濡れた状態から、髪を引っ張ってしまうと、傷みが進行しますので注意して下さい。

ご自分が1番気になる前髪や襟足などの
収まりが悪い部分、
またはその付近の根元を乾かします。
その後、全体をムラなく一ヶ所にドライヤーを集中させず、乾かしていきます。
ある程度乾いたら、頭皮から毛先に向かって指で梳かしながらドライヤーの風も同じく
根根元から毛先方向に与える。
*髪が乾いたのかわからないときは、
冷風をあて髪を冷やした後、
手で握ると判断しやすいです。
髪が乾き、形になったら全体を冷風で
冷ますと、スタイルが崩れにくくなります。
*アイロンやコテは、完全に乾いてから使用して下さい。


④美容室でトリートメントをする

お店で行うトリートメントには色々なモノがあります。

3~6種類くらい付けて行うシステムトリートメントやミネラル等を入れたり、親水や疎水、引き締めたりと様々。

ラックのトリートメントや各種処理剤は、

トリートメントを原料から仕入れ、

単体またはそれらを調合、調整しオーダーメイドで行っております。

*それらは無料で行っております。
*ヘッドスパも無料です。

美容室のトリートメントとは、
どんな物でしょう?

髪に付着した汚れを落とす為、
シャンプーやシリコーン除去をする。
*トリートメントの定着の妨げとなる物を
洗い流し、新しいコーティング
(トリートメント)の定着を向上させる為です。
髪の内部に影響するであろうタンパク質(ケラチン・シルク・コラーゲン等)や

水分などの栄養を入れる。

*この時、冷風をあてることでアルコールを飛ばしタンパク質を定着させたり、

ドライヤー等を使って乾燥させる事により、

毛髪内部にとどめることが出来たりするモノもあります。

内部に入れた栄養が外に出ないように
フタをする。
*先に使用した物と反応させ、
その物自体を高分子化。
外に流れ出ないようにしたり、
シリコーン(油)によってフタをする。

トリートメントとは?

毛髪内部に本来あるべきモノがカラーやパーマの繰り返しにより流出して起こってしまう収まりや色持ち、パーマの持ちの低下。

またはキューティクルの損傷によって艶や手触り等の低下、それらコンディションを整えるモノ。

と、ラックでは考えております。

よって、上に書いた説明はその逆の手順によってトリートメントとしての効果を引き出していくモノとしています。

内部の不足を疑似的に入れ込み、

それが出ないようになにかしらの反応、

またはキューティクル表面に擬似的にキューティクルの働きを貼り付け、フタをし、
できるだけ手触りの良い状態をキープする。


おまけ

ラックのトリートメントは??


メインは”ラケアA”と”ラケアB”です。


”ラケアA”

単体で充分に機能するトリートメントです。

ラケアAを塗布後、少量のシャンプーで馴染ませることでも柔らかい質感が得られます。


また、パーマ液、カラー剤等への添加が可能になっており、しっとり感とツヤを向上させます。


”ラケアB”

こちらも、単体で充分に機能するトリートメントです。
ラケアAやインバストリートメントとの相性に優れています。

ドライヤーやアイロン等の熱によるダメージを抑制すると同時に、キューティクルの剥離、枝毛等も単体でも抑えることが出来、シルクの様な柔らかい質感になるように調合しています。


そして、スーパーサブは、”ラケアC”です。

”A”と”B"もそれぞれ、毛髪内部に働きかける事が出来るモノも入れておりますが、

この”ラケアC”に関しては、毛髪内部、外部共に有効な物を調合しています。


ここまでの処理剤になるまで、

結構な年月がかかっており、

自分で言うのもなんですが、

家に帰ってからも検証したりしております。

かなり真面目にやっており、

こうして色々書いておいて何ですが、

トリートメントをして髪そのものが良くなることはあまりなく、

または扱い易くなるのは一時の事です。

また、こうしてトリートメントに関して継続し色々と検証をしていくと、

毎回良かれと思って行っているトリートメントによって、

傷みを進行させているケースも少なくありません。


もし、


もしもですけど、


毎回行っているトリートメントの効果が、

本当に髪を修復するのであれば、

そろそろトリートメントをしなくても良い頃

なのではないでしょうか?


こうした疑問からトリートメントとしての売り上げを捨てました(笑)

本来、美容室におけるトリートメントの売り上げと言うのは、とても偉大ですww

しかしながら、トリートメントをしたとしても、いずれもとの手触りになったり、

または傷みを加速?!させるモノであれば、それは料金としては頂けない物と、思っております。

じゃぁ、「ラックのトリートメントもそんなもんなんでしょ!?」って

突っ込まれそうなので先に書いておきますが、髪を傷める事はありません。

そして、トリートメントの持ちに関しては、良くする事も出来ますし、そうしない事も出来ます。

この辺りは、髪の状態やその日に行うメニュー、そして今後ヘアースタイルをどうしていくのか?

ヘアースタイルをお任せの場合、先を考えメニューの無駄を省きながら、トリートメントの処方を変えております。


何故、トリートメントの持ちを全ての髪に良くしないのか?

それは、カラーやパーマ、縮毛矯正やデジタルパーマ等のお薬の力を下げる事を第一に考えているからです。

*弱酸性のパーマや縮毛矯正(ストレートパーマ)だと傷まない、低刺激、ノンアルカリ、ダメージレスなど様々ありますが、髪が曲がったり真っ直ぐになる時点で必ず傷みは生じます。


トリートメントが主役になると、ろくなこと無いと思います。


そんなこんなで、また気が向いた時にでも、書き足していきます♪


では♪

0コメント

  • 1000 / 1000